校長室へようこそ

0
217

令和3年度年度 始業式 挨拶 

 みんなの出発を祝うかのような素晴らしいお天気になりました。そのような下で、今日から新年度・令和3年度がはじまりました。今日から皆は2年生、3年生です。中庭には、小さなすいせんが3つかわいい花を咲かせました。校長室の窓の10周年記念石碑の前の水仙のつぼみも大きくなり、今日にも花を咲かせると思います。桜並木の桜のつぼみも大きく膨らんでいます。このように、春はどんどん歩いています。多分みんなの心も春のつぼみのように大きく膨らんでいるのではないでしょうか。今年も、「コロナ禍」のもとでの生活になることは確実です。今は、第4波が押し寄せてきています。その中でみんなは歩んでいかなければならないのです。また当たり前のことができない毎日を送らなければなりません。すなわち「三密回避」の生活です。「密集」「密接」「密閉」をさける生活です。三密をさけるための一つに、換気をしなければなりませんので、授業が始まる412日からの校時も45分、10分休みのコロナ禍の下での授業校時を一応55日までします。それ以後は、コロナ状況を見てまた考えますので10分休みには、十分な換気を忘れないでください。さて、3年生の皆さんは、高校生活最後の1年になりました。つい先日入学したと思ったらもう3年生です。そして今年の1年間は皆なにとって特別な1年になります。中学校の3年生の時は、皆がどこの高校に進学するか考えて高校を選び受験勉強、面接試験の練習をしたと思います。高校の3年生は、どこの大学、短大、専門学校に進学するか、また、就職を希望する人は、どんな職種にするか、どこの会社に行きたいかを考える1年になります。すなわち、自分の人生を決める一年間になります。進学する人にとっても、就職する人にとっても、入学試験、入社試験があります。まず問われるのは学力です。学力をつけることに全力を尽くして勉強して下さい。ただ私のいう「学力」とは教科の知識だけをいうのではありません。教科の知識は「ないよりはあったほうがいいものです。」私のいう「学力」とは、教科の知識はもちろん、チャレンジ講座で学んだ知識、人間学で学んだ知識、部活動などで身についた知識、すべての総合的な力をいいます。世の中で大事なことは総合的な力、すなわち、「挨拶は誰にも負けない。部活で鍛えた健康な心身、それが自分の学力にもなるのです。」社会に出て必要なものは、挨拶ができる、返事もできる。約束は守れる。そのようなものをひっくるめて私は「その人の学力」といいます。漢字一つでも多くかけるようになることも学力ですが、部活動や生徒会活動で頑張っている人は、それも大事な勉強ですからおろそかにしないで一層の精進をしてください。必ず役に立ちます。さらに大事なのは、出席状況です。1年生・2年生の時の欠席が多かった人は、三年生では絶対に欠席はしないことです。3年生の時の欠席、遅刻、早退の記録は進路に大きな影響がでてきますから気を付けてください。それからもう一つ、身だしなみに気を付けてください。制服をきちんと着て制服姿を自分になじませてください。それも、学力の一つです。就職試験の面接も、入学試験の面接も必ず制服です。普段だらしのない制服姿であれば、いざという面接試験では、良い印象にはなりません。面接試験が一番大事になりますから、普段の制服着用を勉強と同じ重要な受験対策として考えて、きちんとした服装姿が普段からできるように身につけて下さい。面接試験は、「身だしなみ」の第一印象で決まります。
 2年生の皆さんにお話しします。
 皆さんは今日から、先輩になります。明日は、入学式、59名の新1年生がはいってきます。新入生に向陵高等学校の生徒としての誇りをもって生活している姿を見せてください。2年生という学年は、勉強、学校行事等に一番楽しい充実した学校生活を送れる学年なのです。2年生で充実した1年間を送ることが3年生につながっていきます。2年生はすべての面で中心学年です。勉強、生徒会、部活動、校内外のマナーでもしっかりした自覚をもって新入生をひっぱって下さい。最後に最も大事なことをいいます。「あいさつ」をできる人になってください。「おはようございます。」「こんにちは」「さようなら」。挨拶を言える人は、皆から愛される人です。仕事ができる人です。みんなから信頼される人です。田向は八戸の中心街になりました。その田向の地に「向陵高等学校」があります。「地域から愛される学校。皆から信用される生徒。」として発展させていきましょう。主役は皆ですよ。以上、新年度1学期の式辞とします。

                    令和346日 向陵高等学校 校長 清野耕司